粗大ごみを増やさないコツは!?不用品回収業者の利用と自主的な対応を

処分が難しい粗大ごみは不用品回収業者に

粗大ごみで溢れている状態は、あるとき急に訪れるわけではありません。少しずつモノが増えていき、部屋が狭くなっていくのです。欲しいものがあると我慢できなくなる、借金をしてでも買ってしまう、といった人は特に注意が必要でしょう。粗大ごみが増えると床にダメージを与えますし、ゴキブリやハエなどの発生源にもなります。こうした状態は粗大ごみを処分するまで解決しないので、不用品回収業者に処分してもらいましょう。一般的に自分で持ち運びが困難な粗大ごみは、自身で処分するのは得策ではありません。足の甲に落として骨折した、部屋に不用品をぶつけて破損させた、などの問題が発生しやすいからです。

掃除や片付けを習慣化するために

ひとたび部屋が粗大ごみで一杯になると、掃除や片付けをする気にならないかもしれません。部屋を綺麗にする習慣を身につけるには、まずは不用品回収業者に処分、清掃をしてもらうことが大切です。部屋がすっきり清潔な状態になったら、気持ちを入れ替えて粗大ごみが溜まらないようにしましょう。例えば、購入するのは本当に必要なものだけに限定します。欲しいものではなく、必要なものだけを購入するようにしてください。

掃除に関しては曜日を明確にし、例えば水曜日に指定したのであれば必ずその日に掃除をします。掃除をすれば部屋の様子をチェックできるので、モノが増えないように心がけることができます。さらに大掃除の頻度も決めておき、このときは不用品をすべて処分するようにしましょう。

いつの間にか部屋が一人で片付けることが無理な状態になってしまい、新宿からの引越しに間に合わない。まずは不用品回収の新宿近辺の業者に相談するのがベストです。深夜も相談に応じてくれる業者も中にはあります。